ジェネリック医薬品とは | 寝不足はルネスタ・ジェネリックで改善しよう!

ジェネリック医薬品とは

ルナスタは人気のお薬ですので多くのジェネリック医薬品が出ています。ジェネリック医薬品といえば安価で同等の効果という印象がありますが、そもそもジェネリック医薬品ってなんなのでしょうか?

お薬を作る際には9〜17年という時間がかかります。これは小学生が成人するまでかかる時間に等しいです。さらに費用も莫大にかかり、500億円がかかってしまうほど。そんな研究なので、当然製薬会社は特許をとって売り出すのですが、特許はいつまでも続かずに、やがて消えます。そこで他の会社が我も我もと作りだします。すでに作られたお薬ですので時間も費用もグンと抑えて作れますよね。これがジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は後発医薬品ともいわれていて、大して新薬は先発医薬品といわれています。
製作費が抑えられるので当然売値も安くなります。だからジェネリック医薬品は安いのです。

ただ、ジェネリック医薬品のメリットというのはそれだけではありません。味や形を変えても良いというのがあるので、この効果が欲しいけど飲み辛いんだよなーという人もジェネリック医薬品なら飲めるかもしれないのです。
なによりも、極論ではありますが本家が売り切れて無くなってしまってもジェネリック医薬品の数ほど「同等の効果が手に入る」機会があるというのもありがたい話です。