個人輸入で買う | 寝不足はルネスタ・ジェネリックで改善しよう!

個人輸入で買う

じつは今国内で出回っている海外のお薬というのは、国から認可の下りたものになります。そしてまだまだ認可の下りていないお薬というのもたくさんあります。とくにルネスタ・ジェネリックなどに見られるジェネリック医薬品の多くは、認可の下りているものも少なく多くが手に入らないというのが現状です。
ジェネリック医薬品だと安く買えるのになー!というのも、認可が下りていないために輸入すらされないので、どんなに頑張っても買えません。が、この個人輸入であればそんなお薬だって購入出来るのです。
一瞬密輸的な印象を受けた人もいるかもしれませんがそういったやばいものではなく、その実態は合法による「海外のお薬の通常では買えないものを買える方法」のことをいいます。「自己責任で自分が使う」というのを条件に、個人でも購入出来るようなっているのです。
でも個人で輸入となると外国の業者とやりとりするの?というのはコワイですよね。そこの間に入ってくれるのが代行業者、個人輸入サイトなんです。

個人輸入サイトを利用すると通販感覚で、画面の欲しい商品をクリックするだけであとは自宅へ届くというとっても簡単な輸入が実現出来ます。ただし、あくまでも輸入ですので時間はどうしてもかかってしまいますし、処方箋もない状態でお薬が届くので、正しい服用方法は自分で調べないといけません。といっても、サイト内に服用方法などが載っているので、そこまで心配する必要はありません。